FC2ブログ
お知らせ
星撮り日記へようこそ!
Sky-Watcher EQ5-GOTO赤道儀 BKP130、GS-200RCやTOAST-Proなどで星を撮っています。カメラはニコン、富士フイルム、CMOSカメラなど。遠い天体が好きなアラサー。

Twitterはじめました→ https://twitter.com/starphoto_nabe
  • ハートとソウルと二重星団。Hαと天の川を添えて。 こんにちは。nabeです。最近大活躍中のNikonD810とSigma135mmArtとUHCフィルター、AZ-GTiを組み合わせた「ほったらかしで星野を一網打尽システム」ですが、Pixinsightのおかげでようやく安定して処理することが出来るようになってきました。季節はもう北風が冷たい冬ですが、秋の散光星雲の代表格「ハート星雲」と「ソウル(胎児)星雲」、h-χとも呼ばれる「二重星団」とその周りに漂う電離水素の輝線星雲、背景の淡い天の川を一網... 続きを読む
  • sh2-310からsh2-308にかけて こんにちは。nabeです。以前投稿した「犬のお尻の星雲たち」の記事に載せた画像ですが、実は日をまたいで2晩にわたって撮影していました。UHCフィルターの枠で画角外のシリウスの光芒が回折してしまい、シリウスの位置からビームが照射(笑) 影響の少なかった27枚をコンポジットして処理したものが以前の画像です。シリウスビーム(右上)ほかにも、ステライメージはどうにも日をまたいで構図がずれた写真のコンポジットが苦手な... 続きを読む
  • レムナント三日会わざれば刮目して見よ こんにちは。nabeです。先日の記事に載せたレムナントですが、処理するためにPixinsightを導入したというお話をしたと思います。あの後も何度か処理の試行錯誤を繰り返して、段々と使えるようになってきました。それでレムナントを再処理したのですが、つい先日「これが今の自分の限界です」と言った画像を上回る処理が出来たので、再掲ではありますが画像を載せておこうと思います。素材はすべて同じものです。男子三日会わざれば... 続きを読む
  • 執念のsh2-240レムナント、そして祭り こんにちは。nabeです。幾度となく撮影に失敗し、リベンジに執念を燃やしていたsh2-240レムナントですが、ようやく処理できました。まだ色々と課題は残っていますが、一応の完成ということで。レムナントsh2-240「Simeis147」撮影日:2019/11/30, 22:53:14~カメラ:Nikon D810(HKIR改造)レンズ:SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art (F2.8)フィルター:OPTLONG UHC NK-FF架台:AZ-GTiガイド:ToupCam+75mmレンズ+PHD2設定:ISO3200 180... 続きを読む
  • 犬のお尻の星雲たち こんにちは。nabeです。135mmで撮ったら面白い領域はどこかないかな~と探していたら、おおいぬ座の尻尾あたりがちょうど良さそうな感じだったので狙ってみました。散開星団のM41とミルクポット周辺です。おおいぬ座のお尻撮影日:2019/12/04, 0:30:04~カメラ:Nikon D810(HKIR改造)レンズ:SIGMA 135mm F1.8 DG HSM Art (F2.8)フィルター:OPTLONG UHC NK-FF架台:AZ-GTiガイド:ToupCam+25mmレンズ+PHD2設定:ISO3200 180秒×2... 続きを読む
  • NGC2359トールの兜星雲 こんにちは。nabeです。冬の宿題の一つ、トールの兜星雲が仕上がりました。NGC2359撮影日:2019/11/22&12/1カメラ:ZWO ASI385MC設定:gain300 オフセット:140 20秒×900枚(300分)鏡筒:笠井トレーディング GS-200RC(D=200mm FL=1600mm)補正レンズ:笠井トレーディング RC用0.75xレデューサー(FL=1200mm)フィルター:ZWO UV-IRカットフィルター架台:Sky-Watcher EQ5GOTO赤道儀ガイド:PHD2撮影・導入:AstroPhotographyTool... 続きを読む
  • 4万円のCMOSカメラで銀河を撮る その2 こんにちは。nabeです。先程の記事の続きです。あんまりうまくいかなかったシリーズです(笑)GS-200RC+ASI385MC 10秒×400枚(66分) Gain300 offset140くじら座Aと呼ばれるセイファート銀河のM77です。本当は∞のようなリングもあるはずなのですが、10秒露出ではギリギリ写らないようです。心の目で見るとほんの少しだけ影のようなものが見えたり見えなかったり。このような激淡対象はさすがに厳しい。 GS-200RC+ASI385MC 5... 続きを読む
  • 4万円のCMOSカメラで銀河を撮る こんにちは。nabeです。新月の後からしばらく撮影に出ていました。最近購入した新兵器、4万円200万画素の「ASI385MC」がどこまで使い物になるのかのチャレンジが続きます。オリオン大星雲のような輝度の高い対象では良好な結果を残すことが出来ましたが、銀河のような明るくて6等、普通は10等以下が当たり前のような淡い対象でも通用するのかテストしました。NGC891撮影日:2019/12/2~12/4カメラ:ZWO ASI385MC設定:gain300 オフ... 続きを読む
  • 晴れの週末新月期、野辺山~妙義ハシゴ遠征記 こんにちは。nabeです。木曜日の夜から昨日まで撮影にでかけていました。今朝帰ってきて、機材を陰干ししたりバッテリーを充電したりと後処理を終えて、撮影した画像を取り込んでいたら微睡みに飲まれて椅子で寝ていました。しかしよく晴れた週末でした。今年の新月期は狙ったように晴れに恵まれず、僅かな希望に賭けて曇天予報でも撮影に出てみるというような、博打みたいな撮影ばかりでした。それでも11月以降だいぶ天気が安定し... 続きを読む
  • D810とD600の外部電源化 こんにちは。nabeです。工作ネタです。冬場の撮影で困るのがバッテリーのヘタリだと思います。夏場は2時間くらい安心して撮影できていたのが、冬場は1時間くらいで警告表示。そのたびに予備の電池に交換する作業が煩わしいなあと前々から思っていました。実際、Amazonで安価に売られているEN-EL15用のUSBアダプターを購入してみたのですが、USB端子から出力される電流では足りず、起動はしてもシャッターは切れないような状態で、... 続きを読む
  • オリオン大星雲ラッキーイメージング こんにちは。nabeです。ASI385MCのサードライトです。本当はセカンドライトだったのですが、記事の都合ということで(笑)M42中心部撮影日:2019/11/22カメラ:ZWO ASI385MC設定:gain350 オフセット:140 1秒×3200枚(53分)鏡筒:笠井トレーディング GS-200RC(D=200mm FL=1600mm)補正レンズ:笠井トレーディング RC用0.75xレデューサー(FL=1200mm)フィルター:ZWO UV-IRカットフィルター架台:Sky-Watcher EQ5GOTO赤道儀ガイ... 続きを読む
  • GS-200RC鏡筒の結露対策 こんにちは。nabeです。ちょっとした工作ネタです。GS-200RCはカーボン鏡筒で気温変化にも強く、鏡材も溶融石英ガラスが使われているため、熱膨張率が非常に低く、今まで撮影中にピンぼけになってしまったということはありません。ひじょうに熱耐性に優れた鏡筒であることは笠井トレーディングの謳い文句どおりです。コレ自体は非常に優秀な点なのですが、鏡筒の結露が凄まじいのです。撤収時にはシャワーでも浴びせたのかというよ... 続きを読む
  • 200万画素は「使える」のか?ASI385MCセカンドライト こんにちは。nabeです。先日の記事にも書いたように、ASI385MCを購入しました。CMOSカメラ、特に監視カメラ用のセンサーを転用したような小センサーの惑星用カメラ(ZWO基準)というのは、画素数が非常に少ないのが特徴です。今まで使っていたASI178MCは約640万画素、今回購入したASI385MCに至っては約200万画素です。本当に使えるのかこれ?というのはCMOSカメラに対する大きな疑念の一つだと思います。でもよく考えてみてくださ... 続きを読む
  • AZ-GTi赤道儀モード実戦投入!気になる精度は? こんにちは。nabeです。小海星フェス後から温めてきたAZ-GTiの赤道儀モードのネタですが、ようやくテストすることができたので記事にまとめます。ことの発端は、知人の星撮りおじさんが持っていたAZ-GTiを格安で譲ってもらったことから始まります。発売直後に買ってから殆ど使っていない様子に目をつけて、前々から狙っていました(笑)一緒に使っている機材箱の底の方に転がっていたバーダーのHαバンドパスフィルターもちゃっかり... 続きを読む
  • 理想のレムナントsh2-240はまだ遠い こんにちは。nabeです。先日撮影したレムナント、鏡筒の気温が変化してピントが甘くなってしまったり、無理な強調処理でガサガサの写真になってしまい、リベンジを誓っていました。月末、まだ夜半すぎに月がのぼってくる月齢でしたが、快晴の予報だったためお気に入りの撮影地になりつつある妙義山へ車を走らせました。温度変化おしらせアラートも引っさげ、万全の対策です。(結局この日は気温が安定していて、アラートが鳴ること... 続きを読む
  • ZWO ASI385MC購入&ファーストライト こんにちは。nabeです。先日の記事で「ASI178MCの600万画素、14bit A/Dコンバーターはほとんど意味がない」ということを書きました。すこし補足説明です。望遠鏡を通して焦点に入る光は必ず回折し、エアリーディスクと呼ばれる広がりを持ちます。そして、口径比(F値)が大きければ大きいほどその直径は大きくなります。簡単に言えば、ボケるのです。そのボケがセンサーのピクセルピッチよりはるかに大きいと、どれだけ画素数が細... 続きを読む
  • 激安魚眼 KAMLAN 8mm F3.0 は星に使えるのか?【レビュー】 こんにちは。nabeです。めずらしく機材レビューなるものをしてみようと思います。自分が普段星撮りに使っているのはNikonのフルサイズカメラなのですが、天体撮影用改造をしてしまっているため日中のスチル撮影には使えません。そのため、サブカメラ・お散歩カメラとして富士フイルムの「X-T2」を使っています。Hαの感度も高くて防塵防滴の小型ミラーレス、シャッターを切った時の手応えも良く、軍艦部で直感的に操作できるインタ... 続きを読む
  • 奇妙な散開星団M46とNGC2438 こんにちは。nabeです。油断していました。急激な気温の変化で風邪を引いてしまったようです。幸い、発熱はありませんが咳も出てイマイチ気合が入りません。なにより新月期でなくて助かりました(笑)在庫処分セールもこれで漸く終わりです。M46とNGC2438撮影日:2019/11/01, 2:49:38~カメラ:Nikon D600(HKIR)設定:ISO1600 180秒×19枚(57分)フラットあり、ダークなし鏡筒:笠井トレーディング GS-200RC(D=200mm FL=1600mm)補... 続きを読む
  • 温度変化お知らせアラート完成 こんにちは。nabeです。すかさず連投です。先日の撮影で温度変化でピントがズレてしまい、4時間かけたモザイク写真がボツになったことが発端となって作り始めた「温度変化を知らせてくれるセンサー」ですが、初号機が完成しました。製作記はこちら温度変化おしらせアラート 初号機●スペック・気温測定 -40℃~80℃(±0.5℃) 分解能0.1℃・湿度測定 0%~99.9%(±2%) 分解能0.1%・電源 9Vアルカリ・連続稼働時間 25℃で12時間... 続きを読む
  • 馬頭星雲ゴーストバスターズ こんにちは。nabeです。ちまちまと先月(今月)の新月期の画像を処理していますが、早くしないと新しく買ったCMOSの紹介の前に次の新月期が来てしまいます。ということで今日はこちらの難物を。馬頭星雲撮影日:2019/10/31, 23:30:49~カメラ:Nikon D600(HKIR)設定:ISO1600 300秒×30枚(150分)フラットあり、ダークなし鏡筒:笠井トレーディング GS-200RC(D=200mm FL=1600mm)補正レンズ:笠井トレーディング ED屈折用フィール... 続きを読む

ブログ村に参加しています

カウンター

プロフィール

nabe

Author:nabe
Sky-Watcher EQ5-GOTO赤道儀 BKP130、GS-200RCやTOAST-Proなどで星を撮っています。カメラはニコン、富士フイルム、CMOSカメラなど。遠い天体が好きなアラサー。

Twitterはじめました→ https://twitter.com/starphoto_nabe

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アルバム